逃げるのも追うのも根底にあるのは失う恐怖。なぜできたのか。どうやって解放する?

逃げるのも追うのも根底にあるのは失う恐怖。なぜできたのか。どうやって解放する?

別れるのが嫌だから、愛を失うのが怖いからなんとかして繋ぎとめようとするのも

愛を失うのが怖いから、相手が去ってしまうのが怖いからその前に逃げようとするのも

根底にあるのは失う恐怖です

表現の仕方は違くても、実はふたりには同じ「失う恐怖」がありました。

1つだったのに2つに別れてしまったから

なぜ失う恐怖があるのでしょうか?

これはツインソウルやツインレイなどに言われているもともと1つだった魂がふたつに分かれたため

というのをはじめて聞いたときに腑に落ちました

そして最近あるビジョンが降りてきたのですが

それは「アダムとイブ」のビジョンです

神から追放されたアダムとイブがものすごく心細くてお互いの存在がないと

不安でたまらない

もともと辿れば宇宙はたった一つだったのに

その大元から切り離され、アダムとイブという存在として

下界に降ろされた

それだけで心細くてたまらないのに、お互いが別々の姿形をしているという不安

実際のアダムとイブの話はわたしはよく知らないのですが

このようなビジョンがでてきました

わたしたちはアダムとイブの原型を自分たちの潜在意識に持っているのではないかと思います

だから、自分にとってのアダム、イブを探しているのではないかと

そしてもうひとつ、色々調べていて「アンドロギュノス」にたどり着きました

両性具有(りょうせいぐゆう)は、男女両性を兼ね備えた存在の事を指し、両性具有者(りょうせいぐゆうしゃ)、ギリシャ語よりandrogynos(アンドロギュノス/アンドロギュヌス)とも称する。

ウィキペディアより

アンドロギュノスはギリシャ神話なのですが

古代の最初の人間は、頭が二つに手足が四本づつあって、今の人間二人が背中合わせにくっついたような形で、丸いからだをしていました。男と男がくっついたもの、女と女、そして男と女の組み合わせの、三種類の人間がありました。この男と女が一体となっていた人間のことを、アンドロギュノスといいます。
 これらの最初の人間たちは、神も恐れぬ不遜な態度だったので、大神ゼウスによってそのからだを二つに裂かれてしまいました。それ以来、人間たちは、かつての分身を求め合って恋をするのだといいます。 
 男と女が求め合うのは、もともと一つのからだに男女両性をそなていたからというわけです。男と男、女と女で求め合うのは同性愛ということになります。
 以上は、プラトンの『饗宴』の中でアリストパネスという喜劇詩人が語ったお話。

http://hatopia.webcrow.jp/books/sinwa1.htm

(転載について書かれていなかったので作成者様、NGでしたら教えてくださいませ!)

わたしはこの神話がすごくピンときたのですね

そもそもなぜ男女は存在するのか?

人は完璧な存在であるはずなのになぜわざわざ男女という違いがあるのか?

そんなことを調べていたらでてきました

つまり、わたしたちは人間として生まれた瞬間からほぼすべての人間が

男女というどちらかで生まれてきます

その瞬間から「欠乏感」を感じるのは相手は持っていて自分にはない

というのが姿かたちで一目瞭然なわけで

元の完璧な姿に戻ろうとするのは潜在意識にある本能なのだと思うのです

もちろんこれは神話なので、事実かどうかなんてわかりません

でもわたしはなんだかすごくしっくりきたのです

失う恐怖に話を戻すと、もはやこの恐怖って

インナーチャイルドとか今回の人生での体験を超えた、もっと深いところからきているものだから

実際に自分のかたっぽと一緒になるまでは消えない恐怖なのかもしれない

だから失う恐怖を解放しようとしても、最終的には自分のかたっぽと一緒になるまでは

残っているものなのかも、と思います

あ、でもこれはインナーチャイルドとか過去世でのトラウマとかで感じた失う恐怖をすべて解放しきるからこそ

もうどうしようもないな。と腑に落ちるのであって

解放できる傷はすべて解放してくださいね^^

カウンセリングでもお手伝いしています。

ご参考までに

愛をこめて、ななぽん*

+。。。++。。。++。。。++。。。++。。。+

→カウンセリング・予約はこちら

→❤︎ライトワーカーアウェイクニング プログラム❤︎

+。。。++。。。++。。。++。。。++。。。+

↓読者登録すると、記事がアップされたときにお知らせがきますので便利です♡
にほんブログ村 恋愛ブログ ソウルメイト・ツインソウルへ

にほんブログ村