ライトワーカー 、スターシードはなにに関しても既存に当てはまらない

ライトワーカー 、スターシードはなにに関しても既存に当てはまらない

タイトルの通り、ライトワーカー やスターシードにピンときている人

そのような人は「生きづらさ」を同時に抱えて生きてきたと思います

それは、自分が既存の社会の常識にハマれないからです


それは仕事に限らず、家族のかたち、恋愛のかたち、
親子のかたち、友人のかたち

すべてにおいて、いえることです



わたしも仕事はもちろんふつうに働けないですし

家族や親子、友人、恋愛においてもいつも物足りなさ、孤独感、欠乏感を抱えていました



それは、「真実ではない」ことに対しての魂からくる拒否感でした


ライトワーカー やスターシードはいまの地球よりも高次元の波動で生きていたところから、いまの地球に合うように波動を落として産まれてきていると言われています


でも波動を落としているといっても、同じように完全に馴染めちゃったら地球にきた目的も果たせないので



顕在意識では忘れていても、魂は真実を知っているのでなぜか馴染めない、身体が拒否をする、うまくいかない

ということがおきます



本来、わたしたちの魂は支配されることが目的でソースから別々に別れたわけではなく

各々が魂が喜ぶことをし、おのおのの魂が自立していくことで全体が成長していきます

もちろん、支配されるという体験も必要だったのでしょうからそれも必然ですね

すべて完璧ではありますから大丈夫です


地球のなかでも目覚めちゃっている魂、ライトワーカー やスターシードは地球の波動をあげるために地球にきているのが役割なので


現在の、地球の、社会の常識をぶっ壊していくことが自分が目覚めていくのにも、誰かを目覚めさせるにもいいのです

で、つまづくポイントとしては、「どうして自分はみんなみたいにふつうに幸せになれないんだろう?」

が、おおいと思います、わたしも思っていました


でもそれは各々の担当するテーマというのがあって

大テーマ、小テーマあるとわたしは思っています


これが大テーマになればなるほど、絶対に既存のかたちには当てはまれない、というのがわたしの理論です


逆にいえば、頑張っているのにうまくできないこと、でもとても執着すること、こういうのが自分の大テーマになるので


それに関しては、既存のかたちには絶対落ち着けない、と思ったらいいと思います


わたしの場合は大テーマがパートナーシップなので、既存のかたちというのはもう何年もやっていません


自分の大テーマを知ることで、むだに自己否定しなくなるのでおすすめです

で、これが自己アセンション とつながっていると思っています

個人のアセンション 、自己統合、霊的覚醒、悟り、真実の愛への目覚め
よびかたはさまざまですが、そこに至るまでに、大テーマをクリアしていく

もちろんその過程では小テーマもやっていきます



たとえばわたしの大テーマはパートナーシップだと感じているのですが、その過程で小テーマの家系のカルマもやりましたし、経済的自立に関しては、自分でビジネスをすることがわりと得意なので、わたしの大テーマではないですけれど、小テーマとしてやっています



この件についてはこちらの記事でさらに詳しく書いているのでよかったらご参考にしてみてください

あなたの大テーマは何?自己統合に至るまでに必ず通過する自分のテーマを知ろう

7月のカウンセリング残2名さまです

7月からの新メニュー自己統合セッションは今月残2名さまお受けできます

大テーマを知るきっかけにもなればと思っています

↓ブログが更新されたときにお知らせが来て便利です↓

*よむカウンセリングのページ*
https://note.com/lachic1111