ソウルパートナーは地球の恋愛の概念を覆す宇宙の愛

ソウルパートナーは地球の恋愛の概念を覆す宇宙の愛

ソウルパートナーは恋愛とは似て非なるものです

地球においての恋愛セオリーから自分を解放していかないと、真実が見えてきません

というか、ソウルパートナーとの関係を通して、既存の恋愛セオリーから解放されていきます

そこにはなぜ男女が存在するのか?という問いの答えが見えてきます

わたしもまだ確信に至る答えを導きだせていませんが、同志のみなさまと一緒に見つけていきたいと思っています


まずは、ひとりひとりが恋愛という作り出された概念から自分を解放していくことが必要だと思っています


結婚という契約はなぜあるのか?
彼氏、彼女がいることはOKでなぜいないことはNGのような風潮なのか?
付き合うという契約はなぜあるのか?


契約は少なからず信頼が足りないから起きることです

真実の愛ではないパートナー間においては、契約がないと成り立たないのがいまの地球の社会なので、必要なことなのかもしれません


そして、このような契約があることで簡単には離れられないので、カルマの学びが進んでいくのだなとも思います


嫉妬や独占欲も信頼が足りないから起きることで、人間の自然な感情ですが、真実の愛をお互いに確信できるまでの精神までいけば、そのような重い感情は存在しなくなっていくと思います


わたし自身の記憶としては、宇宙の真実の愛の感覚を持っているのですが

人間としての感情、やきもちや不安、恐れ、独占欲なども持っているので

真実の愛の感覚=宇宙の愛=5次元の感覚を知っているのに、人間の自分の感情も確かに存在するので、わかっているのにうまくできない、という状況を体験してきました


わたしは地球の転生もけっこう多いみたいで(オールドソウルとかいうらしいです)地球の人間関係のやりかたのくせがなかなか抜けなかったようです


浄化するには体験しきるしかなく、激しく湧き出てくる感情は、今回の人生だけでなく過去生から持ち越した感情を体験しているのだなあと思います


ぜんぶ出し切るまでは、続きます

つい、宇宙の感覚を知っている、覚えている、感じている場合、人間的な感情を感じるのを忘れてしまったり

みないようにしてしまったりします


それは、自分自身がそのような重いドロドロとした感情を感じることに対する拒絶反応でもあります

宇宙の波動、軽い感覚、調和、愛の感覚、光を知っているからこそ
じぶんの中にあるドロドロとした感情を、無視してしまいます


ですが、いまライトワーカー として地球にきている人たちも、今回が地球はじめてって人はさすがにいないと思います


なので、今回の人生では、3次元の肉体を持ちながら、真実の愛、宇宙の愛の感覚、意識で生きてゆくのに、いままでくせになっていた地球の人間の感覚や概念から解放されていく必要があります

それを浄化、などと呼びますが、そのためにドロドロとした重い感情を感じるようなできごとが起きていきます


それを涙とともに、流していきます

あなたも、涙を流すごとに魂がハートが癒されていくのを、瞳の輝きが増すことを体験していると思います



あなたがもし今回の人生で、3次元の地球社会の概念から卒業し、本当の感覚、宇宙の愛の感覚を思い出し、それで生きていくということを決めてきているのなら


いままでの3次元の地球社会の概念から卒業するため、浄化するために、ドラマティックな体験をしていき、感情が揺さぶられ、洗い流されていきます


だんだんと、ドラマに飽きてきますが、うっかりずっとハマって抜け出せない場合もあるので、そこは注意したいところです

参考記事↓
真実の自分になるための自己統合リスト【アダルトチルドレン】が原因の【地球ドラマ】を卒業する



ドラマに飽き始めた自分を感じたら、そろそろ卒業のサインなので、ドラマから抜けることを意識してください

ドラマは3次元の地球の感覚なので、体験しきったらいつまでもドラマにハマっている必要はありません


自粛も開けて、新しい地球になり、本日は夏至です。
ここからさらに、旧地球であたりまえだったことが、本当に古いこととして浸透していくと思います


いろんな常識が覆され、わたしたちのような人間には生きやすい世の中になっていくと思います


心の奥底で、違和感に感じていたこと、でも社会からは認められない自分のなかにある確信が、受け入れられるようになっていきますし

いままで、その概念に苦しんでいたひとたちも解放されていくと思います

男性らしさや女性らしさという集合意識も壊れていきます

わたしは肉体は男性、女性というのは残っていくと思いますが

統合された人、目覚めている人、宇宙の真実は、地球の社会が作り上げた男性らしさとか女性らしさって当てはまらないと思います

というか無理があると思います


なぜなら、みんながやりたいことをやってやりたくないことをやったら、そこに男性らしさとか女性らしさが当てはまるわけがないんです


たとえば料理上手な女性が愛される、という概念においても、自分が本当にやりたいことを突き詰めてやりたくないことから解放されたら、女性みんなが料理好きなわけないじゃないですか

男性も、肉体は男性でも、中身はフェミニンでやさしくてふわふわしている人がいて当たり前なんです

これは男女という概念だけに限らず、日本人はこう、とかそういう概念もぜんぶなくなっていきます

もちろんDNA、遺伝子的なことにおいては、ある程度は特徴は残ると思いますが、もう本当に、概念から本当に解放されていくことが必要だと感じます


わたしは自分のなかにたくさんの人がいるような感じで、定まらない自分に戸惑っていました


あるときはすごく少女のようで、あるときはめちゃくちゃ論理的でクールで、でも全部自分ですし、そんな自分を受け入れていくと楽になりました

自分を概念から解放して、受け入れてあげることが目覚めて新しい地球で生きるコツだと思います


愛をこめて*

↓ブログが更新されたときにお知らせが来て便利です↓

*よむカウンセリングのページ*
https://note.com/lachic1111