やさしいひとあるある。自分より相手を優先してしまう

やさしいひとあるある。自分より相手を優先してしまう

スピリチュアルに目覚めていく人、ライトワーカー などは
やさしい人が多いです


体質としては、相手の考えていることがわかったり
相手の感情が自分に入ってきたりするので


無視しづらいのです


エンパス、HSPなどと分類されたりしますが

相手が自分にとって大切であればあるほど、自分<相手
になりがちです


このような人は、幼少期に自分の身近な人、だいすきな人
たとえば親との関係においても

自分よりも親の気持ちを尊重して生きてきたりすることがあり

悲しませたくないとか、傷つけたくないとか
そういうやさしさによってそのような行動をしてきました

あなたも身に覚えがあるかもしれません

目覚める人は、親との関係において
魂的には、自分のほうが親よりも目覚めている
という設定も多いです

肉体的には親子という関係ですが
精神性的には逆なのです




小さい時はそのようなことはもちろんわかっていないので
大人になり、スピリチュアルなどの情報に触れるにつれて
気づいていく人も多いとおもいます


あなたにも身に覚えがありますか?

このような親に自分を受け入れてもらえず
変わりに自分が親の気持ちを重んずるという体験は

インナーチャイルドに傷として残っていたりします


思い出すだけでも癒されます


もちろん、必要な最高最善のタイミングで
傷は浄化されていくので焦るひつようはないですが

いま、新しい地球(緊急事態宣言が解除されてからの地球を新しい地球と呼んでます)

では、ものすごいスピードで、浄化が起きているので
(そうじゃないと、真実しかない新しい地球では逆に大変になるからです)



浄化は心地よいものではないこともありますが
安心して出し切ってください


なぜそのような親子設定で生まれたのか

真実の自分に還る、目覚めるために必要だからだと思っています

居心地の悪さを感じることで、居心地の良さを追求することになる

傷を得ることで、傷をいやそうと、内面を追求することになる


そして、すぐになんでも手に入る人生では、学びはおきません


紆余曲折して、自分の世界を切り開いていくことに、学びがあります

RPGゲームも、いろんなイベントがあるから楽しいんです



最初からレベル99でそっこーボス倒せちゃったら学びもないですから。


苦しいとか悲しいとか、そういう感情も含め、体験したい
そしていろんな体験をし、悟り、アセンションしていく
ハイヤーセルフと一体になり、真我へと帰っていきます

自分より他者を優先する人が目覚めていくときにぶつかる壁

これは何度も起きるのですが、相手ではなく自分の気持ちを優先して行動するのが大切になっていきます

やさしい人はわがままなのではないか?とか、相手と衝突が怖い、不穏になるのが苦手だ、だから我慢をするほうが楽


というのが染み付いていることが多いので
人によっては我慢を選択することを無意識にやっている人も多いです

それが我慢と気付かずに。


これは、限界がきます
なぜならバランスが取れないからです


自分と相手とどちらも平等に大切な魂です



自分を大切にしないと先に進めないときがきます

自分自身を貫くことが、怖くてたまらないと思う人ほど
そこに課題があります


ソウルパートナーとの関係においては、そこの課題がつきまといます

相手に不快な思いをさせてしまったら
相手は離れてしまうのではないか



真実は逆です


あなたがあなたらしく自由に振る舞うから
相手も相手らしく自由になれるのです


そこでバラバラになってしまうとしたら
お互い真実ではない相手ということで
別の相手があなたの真実の相手です


真実で生きるから、真実の関係になるのです

ちょうど、ここ最近では自分を貫くという場面に
遭遇することがあるかもしれません

そんなときはあなたが次のステージへいくチャンスです

よむカウンセリングでは真実のあなたになるための情報をご提供しています


愛をこめて*