瞑想のやり方と効果について

瞑想のやり方と効果について

カウンセリングで瞑想について質問が

ありましたので、書きます


こちらの記事でも瞑想の効果について書きましたが

瞑想をすることで松果体が活性化されます



瞑想をする大きな意味は内側へ向かうこと

だと感じています




多くの人は、意識が外側へ向いています

他者の人の人生のストーリーを気にし

(芸能スキャンダルやニュースなどもそうです)


他者が自分をどう思っているのかを気にし


いま世の中では何が流行っているのかに

意識を取られています



それによって引き起こされるのは

焦り、不安、嫉妬などの感情です




目覚め始めている人は自分焦り、不安、嫉妬

などの感情を感じていることを意識的に認識

できるようになります


そしてそれについて観察し、癒すという

レッスンをしています




内側へ意識を向けることの大切さは

外側からの刺激による自分の感情の揺さぶりを

みないようにするためではなくて



還ってくる場所を認識するためです



感情の揺さぶりを体験すると洗濯機に放り込まれたように自分の居場所を見失います



自分にとっての還る場所は内側にあります

その静けさや安心感はパワースポットです


人が寺社仏閣、自然などのパワースポットにいくのはその場所が本来の還る場所だと潜在的に認識しているからです



あの静けさや安心感が、本来の魂の立ち位置です


そこからわざわざ、3次元という感情が揺さぶられる場所を選んで生まれてきました


そうまでして安心でしかない場所から

味わいたかったのです

分離を、孤独を、悲しみを、怒りを、嫉妬を、焦りを、不安を





瞑想はすることで思い出します

あなたの本当の静けさ、穏やかさ、愛を

それが瞑想の効果です

瞑想のやりかた

わたしは瞑想の方法についてあまり詳しくなく

てきとうにやっていて

みなさまそれで良いと思うのですが



この機会にどのようにやっているのか

わたしなりのやりかたを書きます



まず、座禅をくみます、

足はかっちりくまないフリースタイルです



そして腹式呼吸を始めます

骨盤いっぱいに空気を入れます

これをやると生命力を感じます

スターウォーズでいうところのフォースです




呼吸に意識を向けるのは

外側から内側へ意識を向けるためです

ここでは呼吸だけに意識を向けて

それによって感じるものを受け取っていきます




呼吸に意識が向いてきたら

吐く時に背骨または全身の細胞に

エネルギーが蔓延していくような

イメージで吐いていきます



背骨を通って頭の上を突き抜けていくか

全身の細胞にフォースが染み渡るような感じ


またはトーラスで包まれているようなイメージ↓

https://www.creema.jp/item/6556322/detail




そのときによって違うので

身を任せてやってます



そのあとは、だんだんエネルギーに

意識がいくようになってくると

呼吸が浅くなってきます



そしたらもう複式呼吸はむしして大丈夫です




深く繋がっているときは呼吸が浅くなったり

止まったりするのが普通なので

そこであえて呼吸呼吸!ってすると

ゾーンから抜けてしまいます




わたしの場合はゾーンに入ると

頭のなかがエネルギーが振動している感じして

そこからビジョンが見えてくるので

身を委ねてます



何かを意図して瞑想はしません


まずは意識を内側に向けるために

腹式呼吸に集中してマインドを空っぽにします





これをしないとマインドによって作られたビジョンが

もたらされたビジョンだと勘違いします




空っぽにすると、勝手に必要なことがおきます




アセンテッドマスターとつながったり

メッセージが降りてきたり

宇宙にいってヒーリングを受けたり


身を任せると必要なことがおきますが

何も起きなくてもいいのです



もちろんどうしても呼吸に集中できないこともあります

それはそれで受け止めます




これがわたしの瞑想法です

じぶんのお気に入りの瞑想法を見つけてみてくださいね*

ご参考までに*

→よむカウンセリングのページ


★+。。。+★+。。。+★+。。。+★+。。。+★+。。。+★

→カウンセリング・予約はこちら(2月まで)

★+。。。+★+。。。+★+。。。+★+。。。+★+。。。+★

↓ブログが更新されたときにお知らせが来て便利です↓