ミラーソウルとは?相手は自分の鏡ってどういうこと?

ミラーソウルとは?相手は自分の鏡ってどういうこと?

ミラーソウルという言葉があります

人間関係では【相手は自分を映し出す鏡】であり

ソウルパートナーはそれがとても顕著に現れます

学びを進める最大のヒント

この、【相手は自分を映し出す鏡】という部分に意識を向けてみると、学びのスピードがとても早まります

吸引力がものすごいと相手と結ばれることにフューチャーしすぎて自分自身の学びに目が向きません

その相手があなたの生涯のパートナーであるにしろそうでないにしろ

【相手は自分を映し出す鏡】

ここにしっかりと目を向けて、自分の中の課題に向き合っていくこと

それが自分と向き合うということです

どんなミラーがあるのか?

弱さ、恐れ、傷、自己否定、そして憧れなどさまざまな種類があります

そしてどうやってそれを発見するのか?相手が表面に表している行動や表現は

必ずしも自分と一致するわけではないので見分けにくいことがあります

とくに、男性と女性では違った行動や表現方法になるので、わかりにくいのです

そして、ミラーというとそのまんま相手と同じ要素を自分が持っている場合と

真逆の場合があります。これもまたわかりにくいのですが、自分の心にしっかりと向き合って、見つめていくと必ず見つかります

弱さ、恐れ、傷、自己否定、、、

これらは具体的にはどのようなことなのか?

そして憧れが作り出す依存や嫉妬、執着とそれを解決する方法など、こちらに書きました↓

→【ソウルパートナー】ミラーソウルの意味と自分や相手と向きあう方法

わたしは自分の体験から、やはりソウルパートナーは自己統合へと向かわせてくれる最大のギフトだと感じています

そしてその結果、生涯のパートナーに出会えたらいいなとは本当に思っています

あなたの目の前の相手が生涯のパートナーでもそうでなくても、ソウルミラーに意識を向けて

自分が向き合うポイントに気づくことは、実はとても面白いのです

自分自身を発見するというのは、その瞬間、パッと空が晴れわたるような清々しさを感じます

そして、相手との関係での悲しみや苦しみからの解放を感じます

悲しみなどは感じきることもとっても大切です

でも、それはそれで、感じきる以外でとても大切なことは、相手はミラーソウルで自分を映し出す鏡だということです

ここを知っているのと知らないのでは、学びのスピードもかなり変わります

相手との結果がどうであれ、ここは必須科目なので、自己統合に意識を向けることは諦めることではありません

どちらにせよここは通ります。

その結果、相手との関係がどうなるかは委ねる

この記事にたどり着いたということはすでに意識が自己統合に向いているということです

悲しみを感じ切りたいときはそのようにし

相手を通して自分と向きあいたいときにはミラーソウルの見方を実践してみてください

見出し画像

【ソウルパートナー】ミラーソウルの意味と自分や相手と向きあう方法

愛をこめて

★+。。。+★+。。。+★+。。。+★+。。。+★+。。。+★

→カウンセリング・予約はこちら

★+。。。+★+。。。+★+。。。+★+。。。+★+。。。+★

↓ブログが更新されたときにお知らせが来て便利です↓