ライトワーカーの恐れ。お腹にいるときにすでに地球恐いって思ってる

ライトワーカーの恐れ。お腹にいるときにすでに地球恐いって思ってる

ライトワーカーとして生まれてくる人は

「地球を助けなきゃ!」って思って転生してきます

それは、地球外の星にいたときなので、地球のような制約がない状態

その状態から、人間としてお腹に胎児として宿り、この地球の波動を知ってしまう

すると、めっちゃ恐い!

肉体って重いし、何この波動、すごく、恐い!

生まれても、自分で何もできない

自分の気持ちが伝わらない、自分で自由に動けない

何もできない無力感。

「地球を助けたい!」って思って生まれてくるのに

何ひとつ自分でできない、伝わらないということを経験し

やがて大人になって、感じることは

「ここは自分の居場所じゃない、帰りたいよう」

「わたしには無理、(ひとりじゃ)できない。」

自分のライトワークを見つけたときでさえ

この恐怖はつきまとう

たったひとりで闘っているような気になってしまうし

「地球を助けたい」なんて壮大な思いに対して

肉体を持つ自分への、制限にあまりに無力感を感じてしまうから

「できない…」という恐怖が出てきます

・・・

これは実は、わたしが昔ヒプノセラピーを受けて、胎内ヒーリングをしてもらったときに、感じたことです

たぶん、ライトワーカーの人って同じ思いがあるのでは?

だからこそ、同じ思いを持っている同志との繋がりが必要だなと感じてプログラムを作ったのもあります⭐️

きっとライトワーカーに向けてのミュージックであろう素敵なビデオを見つけましたので、貼っておきます:)

ご参考までに

愛をこめて、ななぽん*