ライトワーカーの目覚めの時。恐怖がやってくる。

ライトワーカーの目覚めの時。恐怖がやってくる。

クライアントさんからメールいただいたので、ライトワーカーの活動についての恐怖を書いてみようと思います

ライトワーカーとしての自分の役割がわかったとき

すごく、力がみなぎります

そして、ワクワクします♡

そのあとにやってくるのが…

恐怖

「自分になんかできるわけない」

そんな恐怖がやってくる人が大半だと思います

地球を救いたいという想いとプレッシャー

ライトワーカーは「地球を救うぞっ そのために生まれるぞっ」

と、地球にやってきましたが

人間という制限のある「器」に入り、

「ああ。こんなはずじゃなかった。こんな窮屈で制限のある状態じゃ、力を発揮できないよ…」

と自信をなくしてしまいます。

だから、せっかく自分のライトワークを思いだしても、足踏みしたり、怖くて、孤独で…

やりたい!やるぞ!と思い描いているのが10だとしたら

自分の力は1くらいしかない。

そんなくらいに、自分の力のなさを痛感してしまうのです

力を発揮する恐怖

以前、ヒーリングの講座をやっていたときにけっこう多かったのがこれです

ライトワーカーの人は愛や光のエネルギーを自分らしさと合わせて、発信していきます

その「自分らしさ」が人それぞれの個性であり

わたしのようにヒーリングやカウンセリングなどスピリチュアル系の人もいれば

まったくそうでない人もいます

でも、誰しもが自分らしさを通して愛と光のエネルギーを発信しているのですね

で、スピリチュアル系のことを学ぶときはとくに、過去生での記憶が呼び覚まされることが多く

過去生で、「迫害」にあっていたりします

力を持っていることで、迫害されたり、疎まれたり、殺されたり…

これ、地球に生まれている回数が多い人ほど、そのような「力を呼び覚ますことへの恐怖」が多いようです

なので、力を発揮したい、と思っても、それに伴って恐怖の記憶も呼び覚まされて、怖い。と思ってしまいます。

人間じゃなくなる恐怖

目覚めが進んでいくと、どんどん人間らしくなくなるんですね。笑

人間らしくなくなるというのは、エゴが消滅していくので、感情的になることが少なくなっていきます

(完全になくなるのではなく、感情に支配されなくなる。という感覚です!)

そして、魂に従って生きるようになっていくので、より、「人の為に生きる」ということがふつうになってきます

完全に目覚めると恐怖や不安で苦しまなくなるみたいなのですが、なんだか人間じゃなくなるようで怖いのです

わたしも最近、「ああ、いよいよ、人間じゃなくなる…」となぜか落ち込んでいました。笑

この目覚めの段階については、「ライトボディレベル」と検索すると、段階が詳しく書いてあります。

本もでています。

クリックしてアマゾンにとべます

今度わたしも読んでみようと思っています:)

あと、わたしは手塚治虫のブッダ(漫画)を読んで、「人間が目覚めていくまで」がわかりやすく書いてあったので面白かったです

↑クリックするとアマゾンにとべます

ご興味ある人はぜひ^^

ご参考までに

愛をこめて、ななぽん*

♡ライトワーカーアウェイクニングプログラム♡

+。。。++。。。++。。。++。。。++。。。+

→カウンセリング・予約はこちら

+。。。++。。。++。。。++。。。++。。。+

↓読者登録すると、記事がアップされたときにお知らせがきますので便利です♡
にほんブログ村 恋愛ブログ ソウルメイト・ツインソウルへ

にほんブログ村

女性が本気で起業を目指すならICBインターナショナル