カルマメイト、偽ツインソウル…カルマの清算役となぜ出会うのか

カルマメイト、偽ツインソウル…カルマの清算役となぜ出会うのか

このサイトではツインソウルなどのツイン系、カルマの清算役(偽ツインやカルマメイトなどと呼ばれます)などもひっくるめて魂のご縁の深いソウルパートナーと呼んでいます

いま、あなたがどのソウルパートナーと出会っていてもやることは自分の傷を癒していき、真実の自分に目覚めていくこと(それによってお相手との関係が、本当に動きます!)

なのですが、最近はカルマの清算役と出会っていることにご自身でも気づいていて、そこの課題に向かっている人が多くご相談に来られることが多いので

ピックアップして書いてみます

ちょっと、参考に、自分の体験を話しますね

わたしがアメブロ時代にあまのじゃく男子と呼んでいたのはおそらくカルマメイトだったのですが、そのあとおそらくいわゆる一般的に言われる「偽ツインソウル」にも出会っています

カルマメイトとは比較的長い時間をともにして穏やかな時間もたくさんありました、それに比べて偽ツインは一瞬のできごと、という感じでした

期間が関係しているというよりは、衝撃度の大きさに違いがあるように思いました

カルマメイトはまだふつうの恋愛に近く、偽ツインはこんなこと絶対に起こらないでしょっていう韓国ドラマ並の悲劇的な展開とどんでん返しでした

個人的な見解としては、期間と起きる出来事は、過去世のカルマに比例していると感じています

つまり、過去世で自分が相手に対して奪う、傷つける回数や出来事が多ければ多いほど、今世での衝撃度がでかい

カルマメイトも偽ツインも、【自分にとっての】カルマメイト、偽ツインであって、相手にとってもカルマメイトや偽ツインは存在しているのではないか?と感じています

なぜこう思うのかというと、カルマメイトや偽ツインにされたことを過去にわたしが他の男性に対して同じような感覚で行っていたからです

こちらはまったく愛していない(親しみは感じるし、好きは好き)なのに相手が異常に自分を愛していて、これでもかっていうくらい尽くしてくれる

どれだけひどいことを言っても(言っても言ってもすっきりしないし何の罪悪感も感じない)足りない気がするし、相手もそれでもまったくめげない

こちらが傷つける役、相手が傷つけられる役

わたしが奪う役、相手が奪われる役 をやっていたのだと思います

このパターンでは相手がわたしに過去世から持ち越したカルマがあって、それを清算していた

つまり、わたしが相手にとっての偽ツインかカルマメイトだということです

宇宙は完璧ですから、うまーーく巧妙に各々が今回の人生で目指す魂の成長を成し遂げられるように、配役を組んでくれています

ワンピース(漫画)もびっくり!の伏線張りまくりの超完璧な脚本です

この例であげたパターンは、相手を変えてカルマの清算を行っているパターンですが、お互いにカルマメイトでお互いに偽ツインというのももしかしたら、存在するのかもしれません

なぜこのようなことを書くのかというと、自分が奪われるだけのパターンだった場合、傷が残ります。

「なぜ、このようなことをされなければならなかったのか」とその後もトラウマになりがちです

自分から奪った相手に対して、いやな執着が残りがちなのです

だから、もしかしたらわたしがカルマの清算役だったときあるかも?と考えてみることで「宇宙は平等だああ〜」と感じられる人もいると思うのです

カルマの清算役となぜ出会うのか?

そもそもなぜ、カルマの清算をしないといけないのでしょうか?(カルマメイトや偽ツインじゃなくてもツインソウルなどでもカルマがたくさんある場合もあります!)

☆魂をきれいな状態にするため

地球という3次元を今回の人生で卒業して他の次元にいくため。

「早く宇宙に帰りたいよう(꒦ິ⌑꒦ີ)」と思ったことある人も多いのではないでしょうか。またはここは自分の場所じゃない気がする、とか、ずっと寂しい感じ。とか

それもそのはず、あなたは宇宙からきているんですねーー

地球には「目的」があってきているんですけれども、それが思い出せない場合にこのようなほーむしっくになりがち。

その目的とは…

☆カルマを清算するため

戻っちゃうんですが、カルマを清算しにわざわざ地球にきているそうな。カルマの清算には地球はもってこいらしいです

なのであらかじめ、地球にくるときに誰とどんなカルマを清算するのかっていうのを打ち合わせしてきているんですね

だからカルマの清算役のひとたちとも魂会議ではもう打ち合わせ済みなわけで

「ここで俺が他の女の影をちらつかせるから、そして君が衝撃を受けるようにするね、そしたらカルマ清算できるっぽくない?」

「それいいね〜ついでに、お金もたくさん貢がせてよ!そしたらあのときの過去世の分のカルマ清算できるのよね〜」

と、話しあったかはわかりませんが、人間として生まれてこの制限のある地球、そして結婚や付き合うという目に見える形や物質を尊重する地球であえて生まれて出会うことで、たくさんのしがらみや苦しみを感じます

それを乗り超えて真実を見つける(何のために出会っているのか)ことがカルマの清算にはもってこいなわけですね

☆ライトワーカーとしての活動に取り組むため

このサイトでもライトワーカーについてはとりあげていますが→記事一覧

そもそも地球に生まれて、この地球をもっとよくするため、人がもっと楽しくハッピーに生活できるように、または真実で生きられるように目覚めさせたり

人に向けてだけじゃなく地球環境改善のためとか、笑顔、癒し、愛…だけの世界へともっともっと近づけるように、働きかけをする魂の人のことです

ライトワーカーという言葉は覚えていなくても、幼いときから「何のために生まれてきたのだろう」と考えたことがある人は「役割」があると深い部分ではわかっているからこのようなことを思うのです

でも思い出せなくて、カルマの清算役に出会っていくことで本格的に自分と向き合うということをしていくので、だんだんとライトワーカーとしての自分の役割や

そうだ、地球にきたのはそういや目的あってきたんだったーい!と思い出していく。

ライト=光 ワーカー=働く人 なのですから、自分の中にカルマがあると純粋な光が放ちにくい。だからカルマの清算が必要なのですね

☆真実の相手と出会うため

真実の相手がツインソウルかツインレイ か?はたまたツインソウルなのか?は人によって違うと思っています

ここでいう真実の相手とはお互いに心がオープンな状態で結ばれている相手という定義にします

ちなみにカルマの清算役の相手とも紆余曲折の結果、心がオープンになって魂で繋がった時を経験しました

それは、目に見えない繋がりを感じる、というだけでなくて顕在意識で相手も自分も完全に心がオープンになってそれはとても素晴らしいものでした。

魂が顕在意識と一致した、魂の愛を人間のほうの心が受け入れた感じで(ずっとその不一致を相手に感じていた)

お互いに心がオープンな状態で愛し合えるというのはなんて素晴らしいことなんだろう。男性が愛をオープンにできたときはこんなにも大きな愛なのか。と感動しました。

ですがわたしの場合はずっと求めていた、顕在意識でも愛で繋がるというのを達成したにも関わらず「この人ではない」と強く感じて、その魂の声に逆らえずに離れたのですが

どのソウルパートナーに出会うのかってひとによってシナリオが違うと個人的には思っています

なのでカルマの清算役だから結ばれないとも限らないのではないか?というのが個人的な意見です。

・・・・・

ライトワーカーとして活動する人はパートナーシップが非常に重要な役割を果たしています

より純粋で大きな愛と光をもたらしていくことがライトワーカーとしての力をより発揮するとわたしは思っています

男性と女性が愛で結ばれ協力して何かをしていくということは非常に大きなパワーを生み出します

だから真実の愛で結ばれるというのはすごく地球にとってもとても意味があるのではないかと思います

ただ、もちろんパートナーシップを持っていなくても素晴らしい光を届けられる人って本当にたくさんいますよね

だからパートナーシップを持っていないとライトワーカーとしても人としても完璧な活動ができないなんてことは絶対になく

それはその人その人の今回の人生のシナリオなのだと思います

ここで、「ひとりになってしまうのかもしれない」という恐怖を感じた人は、なぜそれが怖いのか?を見つめてみてくださいね

ここは大きなポイントです

やがては、「一人でも幸せ。パートナーがいてもいなくても生きていける」にたどり着くのですが

そこにいくまでに必ず通るのが「一生一人になってしまうのではないか?」という恐れからの解放なんです

ただひとつだけ言えるのが、あなたがソウルパートナーに出会っているということは今は苦しくても、もう今後幸せにしかなれないことが決まっているということです

今までかんじてきた孤独や恋愛に対しての恐れ、不安、生きていくことへの恐怖、不安、お金の恐怖不安から解放されてしまうんです

ひとは恐れをたくさん持っています

あなたがいまたくさん持っている恐れが全部なくなるとしたらどんな感じでしょうか?

ぜんぶ、ぜんぶなくなるのですよ?

もはや何も考えることがなくなるんじゃ?と気づいた人もいると思います

そうなんです、恐れから解放されていくと、考えることがなくなるんです

考えることといえば、「愛」について

誰かに愛を届けたい

いつも愛を感じていたい

これはなんて素晴らしい愛でできているのだろう

この場所からは愛を感じる

もしかしてあの人は仙人なんじゃ…?とか

それもお相手との間にしか感じられないと思っていた(お相手との間に実現させたいと思っていた)愛が、いつもどこでも感じてしまうのです(そんなのいやだ、と思う人はどうしていやなのか考えてみてくださいね)

カルマの清算役と出会ってすごく大変な思いをしているかもしれませんが、宇宙視点ではあなたが今後幸せにしかなれないということをわかっているからこそのその体験なのです

すごいギフトなんですよ

この前クライアントさんがおっしゃっていたのですが「そんな体験ができるってすごく素敵ですね」って言ってて(そんな風に感じられるあなたが素敵なんですよ)

本当に、そうなんです

だってこの体験をできない人もたくさんいるのだから

だから、どう捉えるかですよね

体験できない人もいるなかで、体験できるわたしはラッキー!!と思うか

なんでわたしばっかりこんな目に合うのか、と思うか(最初はこちらだと思います。そして前者の思いと行ったり来たりします)

少しでもラッキー!と感じられる視点を持っておくと、学びの進みも全然違います!

ご参考までに

愛を込めて。ななぽん*

+。。。++。。。++。。。++。。。++。。。+

→カウンセリング・予約はこちら

+。。。++。。。++。。。++。。。++。。。+

↓読者登録すると、記事がアップされたときにお知らせがきますので便利です♡
にほんブログ村 恋愛ブログ ソウルメイト・ツインソウルへ

にほんブログ村

・・・[PR]

彼とやり直したい
占いで悩み解決☆