あなたを縛っているマイルールの見つけ方

あなたを縛っているマイルールの見つけ方

あなたを苦しめているその「常識」はもしかしたらあなたが作ったマイルールかもしれません。

「だってこうしないといけないじゃん。」は実は常識ではない

自分が常識だと思っていることほど、マイルールだと気づきにくいです。ここでいうマイルールとは、気づかないうちにあなたがあなたを縛っている常識だと思っていること、そうしなければいけないと思っていること、です。

マイルールはあまりに当たり前だと感じているものほど、気づきにくいです。それが常識だと思っているので、みんなそう生きていると思っているからです。

このマイルールが実はあなたを苦しめている理由であることが多いのです。

マイルールの見つけ方

・○○しなければいけない

・○○したほうがいい

と思うことを挙げてみてください。それが、「善いこと」と言われていること、思われていることでも、まずは挙げてみてください。

例えば、

・店員さんには笑顔で接するべきだ

・執着はしてはいけない

・なるべく自分がいい気分でいるように心がける

・人には親切であるべきだ

などなど、なんでもいいので、挙げてみてください。

そのマイルールができた理由を考えてみる

次に、そのマイルールができた理由を探ってみてください。そこには必ず、理由があります。その理由がエゴ、恐れなどからマイルールが出来上がっている場合があります。

その場合は、そのマイルール自体が大事なのではなくて、本当の理由を避けたいがために、そのマイルールができたので実はマイルールはそれほど重要ではないことがわかります。

たとえば、「店員さんには笑顔で接するべきだ」の理由が、なるべくいい人と思われたい、という理由があるとします。それはいい人でみられることで自分を肯定できるとか、好かれたいとか、そういう理由があることがわかります。

理由がわかるだけでも、あなたはそのマイルールから解放されます。

マイルールをやめてみる

マイルールが何か気づいたら、そのマイルールをやめてみましょう。マイルールができた理由を探るのは、マイルールからあなたを解放しやすくするためです。マイルールをやめてみると、軽くなるのを感じます。

そしてそれは常識ではなくて自分が作り上げた自分だけの常識で、しかもそれによって自分を苦しめていたこと、そしてマイルールを無くしても、何も怖いことは起きないということがわかります。

だいたいマイルールの裏に潜んでいるのは恐れなので、恐れに気づいてあげるだけでも自分を苦しみから解放してあげることができます。

・・・・・

幸せの在り方を追い求めて、最初はそれが自分を支えていたのにいつの日かそれが自分を縛ってしまうということはよくあります。最終的には「なんのルールも制限もなく、わたしたちは自由な存在なんだ」と気づくことがゴールなのかなと思います。

あなたがもし今、制限的な幸せの在り方に疑問を持ち始めたのだとしたら、それは真実に近づいているのだから喜ぶべきことだと思います。

+。。。++。。。++。。。++。。。++。。。+

    →メニュー・予約はこちら

+。。。++。。。++。。。++。。。++。。。+

↓読者登録すると、記事がアップされたときにお知らせがきますので便利です♡

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ
にほんブログ村