いつも同じパターンにハマってない?負のループから抜け出せないときに起きていること

いつも同じパターンにハマってない?負のループから抜け出せないときに起きていること

職場で自分だけ意地悪されていたから転職したのに、また自分だけなぜか意地悪される。

全然違うタイプの人と付き合ったのにまた同じパターンでうまくいっていない。

そんな自分がいやになるー!なんで自分ばっかりー!

何かを避けようとして同じルートを辿っている

たとえばあなたが人混みが苦手で、よく痴漢に遭う人だとします。表より裏道の方が人通りが少ないから、裏道を選ぶようにするのが習慣になっているとします。人通りが少ないということは、痴漢にとっては好都合かもしれません。

だから、痴漢に遭う確率が、表の通りを歩く人よりも高いのかもしれません。「そうか!人通りの少ない場所を歩くから、痴漢に遭うんだ!」と気づいたとして、その仮説が正しければ、痴漢に遭わなくなります。

つまり、この場合「人通りの多い道を避けたい」という想いが、痴漢に遭いやすいという現象を引き起こしているのですが、これと同じようにわたしたちは、何かを避けようとして結果いつも同じパターンにハマっていることが多いのです。

避けようとしているのはなにか?恐れを見つけ出そう

避けたいということは、そこに恐れがあるのです。たとえば、あなたがいつも恋愛で相手が自分の元から去ってしまうということが続いているとします。この場合、あなたは彼に去られることが恐れになります。

そして、彼に去られることが怖くて、それを避けたいから、相手との関係をつなぎとめようと働きかける癖があるとします。これが、パターンですね。でもどれだけ働きかけても、いつも去られてしまうとしたら、そのパターンがうまくいかない原因なので、それをやめればいいのです。

が、それがとっても怖いのです。

間違った思い込みが成功パターンを遠ざける

この場合、彼に去られるのが怖い→だから自分から関係をつなぎとめるような働きかけをする(そうすれば相手から去られなくて済む!)→相手が去っていく

このパターンで、どこが間違った思い込みかわかりますか?

はい、

だから自分から関係をつなぎとめるような働きかけをする(そうすれば相手から去られなくて済む!)

ですね。でも、これをやめるのが怖いのです。なぜなら、それ以外のパターンをやったことがないから想像つかないのです。イメージがわかないからなのです。勝手に脳内で、関係を繋ぎとめようとすれば相手から去られないという間違った思い込みができているのです。

その思い込みがなぜできたのかは人によって違いますが、この思い込みに気づくことがもっとも大切です。どこが自分の間違った思い込みなのか?そして何を恐れているのか?これに気づけばあとは勇気です。

逆をやればいい

間違った思い込みを見つけられたら、あとは逆をやってください。ただ、これはとても怖いことです。さきほどもお伝えしたように、やったことないから失敗するかもしれません。成功の保証はないからです。

自分から関係をつなぎとめるような働きかけをする(そうすれば相手から去られなくて済む!)

という思い込みがある場合、その逆は「何もしない」ことです。

あなたが頑張らないと愛されない、ありのままで愛されないという信念がある場合、何もしないことはもっとも怖いことでしょう。

もしかしたら、何もしないことで本当に相手との縁が切れる場合もあります。ただ、何かを働きかけないと繋がっていられない関係は、真実の相手ではないです。それを知ることもまた怖いんですけどね。

でも、違うって気づいたら、また真実の相手に一歩近づいたってことだから本当は喜ぶべきことなのです。ちょっとの勇気ですが、それが本当に大きな一歩になります。

・・・・・

逆をやると本当に物事動きます!ただ、めちゃ怖いんですよね〜これは自分と宇宙に対する信頼があるほうがやりやすいので、そのへんの感覚を先に育てた方がいいかもですね。いまもし頑張ってて何もうまくいってないなら、逆をやってもそれ以上悪くなることはないですから、安心安全です♡

+。。。++。。。++。。。++。。。++。。。+

    →メニュー・予約はこちら

+。。。++。。。++。。。++。。。++。。。+

↓読者登録すると、記事がアップされたときにお知らせがきますので便利です♡

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ
にほんブログ村