「絶対に彼がいい!」と強く願った方がうまくいく?

「絶対に彼がいい!」と強く願った方がうまくいく?

パートナーシップに関する引き寄せで、たとえば今片思い中、恋愛関係だけどはっきりしない、復縁したいなどの思いがあるときに「彼がいい!」と具体的に願った方がうまくいくのか?ということについてです。

絶対に彼がいい!には光と闇がある

まず闇の面について。彼がいい!と強く思う時、その心の中にどんな思いがあるのか見てみます。その中には、強い執着が出てくる場合があるので、それがとても要注意です。

たとえば、「絶対に彼がいい!」と思う時、不安が出てくる。彼じゃないのかも。と不安になるから絶対に彼がいい!という思いになっている場合。これは執着です。

反対に、光の面をみてみると、同じ「絶対に彼がいい!」と思っているとして、その心の中は願っているというよりも、「彼と結ばれることを知っている」「確信している」という感じです。

同じ「絶対に彼がいい!」でも、そう思うときの心の中身が違うのです。

執着は、縁を遠ざける

言葉はコマンドであり、言葉を発することでこの世界に具現化をもたらします。が、どれだけいい言葉をいっていても、その心の中身がことばと一致していなかったら、ことばの力は半減してしまいます。

深く、心の中で信じていることが現実として、起きます。だから、言葉を発したときに、そこに強い執着のエッセンスがあるとしたらそれは現実になりませんから、まず執着を取り除くことを先にやったほうがいいでしょう。

もっとも最強なのは、信じること

「信じている」という状態が、もっとも願いが現実に起きやすい状態です。「信じている状態」とは丸投げです。たとえば「わたしは彼とともに生きていくと決めているので、あとはよろしくお願いしますっ」という感じ。どこにお願いするかというと宇宙と彼です。

「どのように」「いつ」「今はどんな感じかな」「わたしから何かアクションをしたほうがいいのか」などは、信じていない状態です。

イメージでいうと、マックで注文してお金払ったらあとは番号呼ばれるまで待っているだけですよね。誰がナゲット作っていて、今ポテトの焼き具合はどうか?など考える必要がないのと似ています。注文してお金払ったから絶対出てくるとあなたは知っているから、そのように丸投げできるのです。

信じるとはこのような感じです。注文して、あとはどのようにそれが起こされるのかも、いつ起きるのかも、全部、丸投げ。あなたは他のことしていていいのです。「いつ」とか「どのように」とか考えるのはあなたの役目ではないし、それを考えること自体が執着でエゴです。

執着やエゴはせっかく宇宙や彼が「いつ」「どのように」をやろうとしているのをあなたが奪ってしまうことになります。あなたの仕事は「信じる」ことです。だから、信じるが難しいのでしたらなぜ難しいのかを考えることがあなたの仕事です。

信じるのが難しいのは恐れがあるから

とはいえ、丸投げ、信じるってめちゃ難しいんですよ。難しい理由は2つあります。1つは恐れ。あなたはきっと今まで、一生懸命がんばって生きてきたのだと思います。仕事や親子関係、恋愛について頑張ればうまくいくと思って一生懸命にがんばってきたわけです。

でも信じるとは全く逆のことなのです。じゃあ、今まで頑張っていたのはなんだったんだ?と思われるかもしれませんが、それはそれで本当に必要なことだったのです。それがあるからこその今の信じて丸投げしたら宇宙が叶えてくれるっていうステージにいるのです。

だから、今まで一生懸命にがんばってきたなあと思う人は、、がんばることが定着していますから、その真逆をいくことに挑戦してみてください。最初は怖いけれど、実験だと思って遊び感覚で。そろりそろりと。

もう1つの理由は、そのお相手が真実のお相手じゃない場合に不安や恐れはいつまでたってもなくなりません。それは深い部分でこの人とは結ばれないということを実はあなたが知っているのです。違うよっていうサインをあなたの魂やハイヤーセルフなどが発しているから信じきれないのです。

とはいえ、真実の相手であっても「この人は違うのではないか」という恐れはつきまといますから、真実の相手であってもそうでなくても最初に感じる恐れはほぼ同じです。これが真実がどうかが自分でわかるようになるには、とにかく進むしかないのですね。

進むというのは、「この人とは結ばれないのではないか、いやちがう」というのを感じつつも、それを否定せず、今まで頑張ることが当たり前だった人は頑張ることを休んで丸投げしてみる。やらなきゃいけないことをやっていない人つまり依存体質な人は依存をやめるということです。

・・・・・・

恐れや不安でいっぱいのうちは、お相手からの愛を受信できないんですよね〜これは第三者たとえば占い師とかに「この人が運命の相手ですよ」と言われても自分に恐れや不安があると信じることができないので、あまり第三者に答えを求めるのは意味がなくて、結局は自分で感じられるようになるために自分を浄化していくほかないです。

心配しなくても、この記事を読んでいるあなたはもう恋愛というステージを超えて、真実の愛で生きはじめている人ですから、もう幸せの道しかありえません。

 

+。。。++。。。++。。。++。。。++。。。+

    →メニュー・予約はこちら

+。。。++。。。++。。。++。。。++。。。+

↓読者登録すると、記事がアップされたときにお知らせがきますので便利です♡

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ
にほんブログ村