目覚めるための道はとってもたくさんあるから好きなの選んだらいいんだよ

目覚めるための道はとってもたくさんあるから好きなの選んだらいいんだよ

目覚めや覚醒に向かって進んでいる人が多い今日この頃ですが、どうやったら目覚めていくんでしょう。目覚めた人は何をやって目覚めたんでしょう。

そもそも目覚め・覚醒ってなに?

目覚めや覚醒と聞くと、霊能力が開花するみたいなイメージがあるかもしれません。なかにはそういう人もいると思いますが、それはその人にとってその要素が必要だっただけで(たとえばスピリチュアルな役割をすることが魂の設定に含まれているなど)それ自体が目覚めかというとちょっと違います。

目覚めとは、誰かが作った支配・コントロールのルールに気づき、そこから抜けて精神的に自由に生きることです。たとえばお金という概念。一部のだれかが得をするように作られたしくみ。偉い、偉くないなど。

じぶんが精神的に自由になると、損得に縛られなくなるので、自分にも他者にも同じように優しくできます。自分と他者の境界線がなくなります。それが分離の世界から統合の世界への変化ということです。

霊的な覚醒はステップだけどゴールじゃない

霊的な覚醒とは、見えないものが見える、聴こえるようになる、超能力が使えるようになる、ということだけでなく、人間の価値観ではなく創造主の視点からこの世界の真実を見いだせるようになることだと感じます。

でも、知っているだけではそれはステップでしかなく、生き方に反映しているかどうかが目覚めているかどうかだと感じます。本やネットでたくさんの情報を知っていても、そのような会話をする仲間がいたとしても、生き方に反映されていないと意味がないのです。

目覚めるための道は自分に合ったものを

目覚めへの道は本当にたくさんあります。

・ヒーリングなどスピリチュアルなワークを受ける

・ヨガ、瞑想など覚醒者が行った方法を実践すること

・サイキックな能力者に能力を開花させてもらう

・自分の信念に従ってただひたすら生きる

・宇宙の叡智について学ぶ

・能力を活性化するための講座を受講する

・とにかく好きなことだけをする

・三次元での豊かさをとことんまで味わいきる

スピリチュアルなことをやることだけが、目覚めへの道ではありません。男性はとくにスピリチュアルに興味がないひとも多いです。スピリチュアルに関わるだけが目覚めへの道だと女性ばかりが目覚めてしまいますからね。

自分に合ったものを取り入れていくことです。すべての体験は点のように見えて必ず繋がっています。続かなくてもいいのです。そのときに興味のあることをどんどん体験してみましょう。

・・・・

わたしはもともと霊的覚醒しがちなので、ほんとうの意味での覚醒(目覚め)ってなんだろうってずっと思っていて、最近感じたことを書いてみました。

スピリチュアルな道を歩んでいると、スピリチュアルに触れていない人は覚醒するためにスピリチュアルに急に興味もつのかなって思っていましたが、スピリチュアルのこと何にも知らなくても目覚めている人たくさんいるんだろうなって思いました。

たくさんお金稼いでブイブイ言わせてた経営者のかたが、お金も名誉も権力も手に入れたあと、引退して慈善活動を始めたりするのも、覚醒なのかなって思いました。

愛をこめて、ななぽん*