心理学の視点からみる「悟り」「目覚め」「覚醒」までのステップ。

心理学の視点からみる「悟り」「目覚め」「覚醒」までのステップ。

悟りとか目覚めとか覚醒とか。一体どういう経緯でそうなっていくの?と、わたしが疑問に思ったので心理学で有名な「マズローの五段階欲求」の視点から目覚めまでを段階的に書いてみました。

必修科目:マズローの五段階欲求について

まず前提として「マズローの五段階欲求」がなんぞや?というところから。むかしむかしの心理学者マズロー先生が唱えた、人間の欲求はこんな感じで上がっていくんだよ、という解説です。

一番したから順に上がっていきます。基本的には下の段階が満たされてはじめて、上の段階の欲求を感じるそうです。ただ、そのときによって優位になるものは違う気がします。

生理的欲求

生きるか死ぬか!ということを考えているとき。とってもおトイレいきたいときって、ほかのこと考えられないから生理的欲求が優位になっているんじゃないかなあと思います。

安全への欲求

安全にいきたい。と思う状態。いつも何かを心配してまだおきてもないことをあれこれ心配してばかりいる人はここにいます。

社会的欲求

学校、会社、団体などなにかに属してつながりを持ちたいという状態。会社に勤めているので安心、逆に肩書きが何もなくなることへの恐怖があるうちはこの社会的欲求でいきています。

承認欲求

認められたい、必要とされたい、受け入れられたい、愛されたい。それが承認欲求。

・・・ここまでは、意識が外側に向いているの、わかりますか?そして「失いたくない、足りないものを埋めたい」という欠乏を埋めたい意識が強めです。

ありのままの自分で、じぶんらしく。は自己実現欲求

 

三角のてっぺん、「自己実現の欲求」は自分を愛したい、ありのままの自分で生きたい、本当の自分を知りたい。という欲求です。その欲求に突き動かされ、人は「何か」をします。仕事や趣味、スピリチュアルワークを通して、自分が何を求めているのかを気づいていきます。

ここではじめて、意識が内側に向きました。もし、ありのままの自分を愛し、生きていきたいと感じ、好きなことをやっているけれどなんか満たされないとしたら、その一歩手前の「承認欲求」が満たされてないからという可能性があります。

ライトワーカーてきな人は、わりと承認欲求高めなので満たされるまでに時間かかるかもしれないですね。でも大丈夫。自分のすきなこと、得意なことで誰かの役に立つことが、自己実現と承認欲求を満たしていくからです。

承認欲求が満たされてはじめて、本当の自己実現ができる

承認欲求があるうちの自己実現は、自己実現かじりって感じで、まだ完全には内側に意識が向いてない状態ですね。ということで、目覚めには完全に意識が内側に向いていることが必要そうです。

意識を内側に向けるよう意識することももちろん大切ですが、心理学的視点から見ると、「とことん承認欲求満たしたら満足して勝手に意識が内側に向かっていく」と思われます。これが目覚めへの入り口です。

そして、承認欲求以下が関与しない自己実現の欲求に意識を集中することができます。なりふりかまわずって感じですね。大人の知識や精神性を持ちながら、純粋な子供に戻っていく。承認欲求以下の欲求が眠っているので、損得や常識に囚われることなく、自分の本当にやりたいことを追求していけます。

経済的自立とか精神的自立がだいじなのって、欲求を眠らせておくことで自己実現への欲求に集中できるからなんですね。

真の自己実現への欲求を満たしてくと、勝手に目覚める

真の自己実現て完全に外側気にしてないので、勝手に目覚めていく気がします。内側に意識が向いているということは、完全に自分を大切にできている状態で、むだな不安がないので生命すべてに優しくできるんですよね。

スピリチュアルなことを知っていくと、欲求がいけないような感じで本当は満たされてないのに満たされたふりしちゃったりしますけど、心理学的視点からみると人間は欲求が満たされないうちは目覚めないともいえます。目覚めて欲求がなくなってく場合もあるけど。だから欲望に忠実なときがあってもいいじゃないかと思います。

そういえばわたしも昔ブランド品とか買いまくったから、物質的豊かさがちゃんと満たされて、満足して手放せたんだと思います。自分のステージに合わせて、ちゃんと満たしてあげることって大事です。それが自分を愛するってことだと思います。

愛をこめて、ななぽん*

↓読者登録すると、記事がアップされたときにお知らせがきますので便利です♡