ライトワーカーさん必見!本当の自分、魂の記憶を思い出す映画リスト

ライトワーカーさん必見!本当の自分、魂の記憶を思い出す映画リスト

ライトワーカーてきな仕事をしていきたいけど何をしたらいいのか分からない人、どこかいつも寂しい人などは、「なぜ自分がこの地球に生まれてきたのか」「地球以外の星にいたときの記憶」を呼び醒ますことで、自我やエゴではない本来の自分に出逢うことができます。

本来の自分に出逢うことは、本当にやりたいことが見つかったり、ありのままの自分を愛せたり、地球にきた役割を思い出し行動できたりします。そんな自分探しの途中のときにおすすめの映画たちです。

美しき緑の星

知る人ぞ知る、アセンション映画(!)です。スピリチュアルや覚醒にぜんぜん興味がない人が見ると、なんのこっちゃ、あまり起承転結のないコメディー映画って感じなのですが、目覚めはじめている人が見ると「覚醒」を起こしがちな映画です。

貨幣制度がなく、みんなが超幸福で協力して分かち合い、自然とともに暮らしている【本来の人類の在り方】が描かれています。映画に出てくる星のモデルは地球以外のアセンションしている星で、地球以外の転生を経験している人は懐かしくて涙が出たり、だから自分は地球で苦しかったんだと思い出す人も多いでしょう。

「切断」という行為によって、地球人が洗脳から目覚めていく姿がとてもコミカルで面白いです。YouTubeでも見れるときありますし、ネットにも結構上がっていますが、逆にレンタルショップには置いてないことが多いです。

きみによむ物語

ツインソウル、ツインフレーム、ツインレイなどソウルパートナーに出逢っている人、なんか出逢いそうな予感がしている人はぜひ見てほしい映画です。うんうんってすごい共感する人も多いでしょうし、逆に自分のツインが一緒に生きるパートナーなのかどうかを思い出す人もいると思います。

劇中に出てくる言葉が美しく、「魂」を震えさせるメッセージが多く散りばめられています。そして真実の愛とは本当に強くて美しいものなのだなと感じますし、サイレント期間で辛い人に勇気を与える映画でもあります。

フォレスト・ガンプ

じぶんの心に正直に、一瞬一瞬を生きることの大切さを思い出させてくれる映画です。主人公はふつうの人よりも少し知能指数が弱いのですが、そのため損得や打算もなく一生懸命に生きています。先のことを考えるという発想がないのでいつもその瞬間だけを生きています。

先のこともお金のことも何も心配していないし準備もしていないのに、運命はいつも彼の味方です。人にもお金にも恵まれていて、わたしたちはつい先のことやお金のことを心配して打算的になったり迷ったりするけど、ただその瞬間を自分に正直に生きてもなんかやれそう。って思わせてくれます。

主人公が愛している女性との生き方や考え方の対比が面白いです。

アバター

これも進化した地球以外の星のお話ですね。身体は借り物でしかなく、すべてのエネルギーは繋がっているというのが自然や大木を通してわかりやすく表現されています。

2020年にはアバター2が公開予定とのことですが、もともとは2018年に公開予定だったものがアバター5まで公開するために延期になったとのこと。地球人の目覚めに合わせて一気に公開しよ!っていう宇宙の意図があるのかしら。ドキドキ…と勝手にロマンを馳せています。

わたしたちは当たり前のように牛さんや豚さんなどを食べていますがアバターでは生きるために動物を殺めるときにもとても敬意を込めて、そして必要最低限だけ、という様子が描写されています。それはすべてが繋がっているということを知っているから。見習いたいです。

・・・・・・・・

宇宙系の映画はわたしたちの目覚めに合わせて公開されていると言われています。(宇宙人きたときびっくりしないようにの布石)。覚醒するためには「魂の記憶を呼び醒ます」のが早いと思うんですね、それにはいろんなスピリチュアルワークがありますが、できる限り楽しみながらって大事だと思うので目覚めに関連する映画を紹介させていただきました。

もちろん、自分がどれくらいの目覚め具合かによって何を感じるかって違うと思います(あと好き嫌いもあるし、映画は賛否両論あるのが面白いところ)。「美しき緑の星」はもう目覚めのためのど真ん中映画なので、興味のあるひとはぜひ。

愛をこめて、ななぽん*

↓読者登録すると、記事がアップされたときにお知らせがきますので便利です♡