私はライトワーカーかも?と思っている人に知っておいてほしい3つの事

私はライトワーカーかも?と思っている人に知っておいてほしい3つの事

「自分はライトワーカーかもしれないけれど、何をしたらいいのかわからない…」というかたに知っておいてほしい3つのことをご紹介します。

そもそもライトワーカーって?

ライトワーカーとは地球の波動上昇のために地球に転生をすることを志願してきた魂を持っている人のことを言います。地球に生まれ落ちるとだいたいの人は自分がそのような意志で地球に来たことを忘れてしまいます。(まれに記憶があるままのかたもいるようです。それもそれで大変ですよね。)

ライトワーカーの人は「自分はなんのために生まれて来たのだろう?」と漠然と考えていたり、社会のルールに馴染めないことも多いのでライトワーカーとして目覚めるまでに挫折や孤独を味わう人も多いです。

でもそれ自体も目覚めるための経験だったり、目覚めた後のライトワークに役立つことだったりするのですよね、目覚めるまではとても苦しいですが。

 

ライトワーカーに知っておいてほしい3つのこと

ライトワークとは必ずしも「仕事」を意味しているわけではない

宇宙も地球もエネルギーでできています。地球が波動上昇するには、人間ひとりひとりの意識、あり方が進化することで、ひとりひとりが地球やこの世界、人間関係への考え方がより思いやりや愛に変わっていくので結果的に地球が波動上昇する、というしくみです。

ライトワーカーは「人間の意識の変化」をすることがミッションなので、その手段が仕事の人もいればそうでない人もいるのです。なので「仕事」として探すよりも「活動」として探すほうが見つかりやすいかもしれないですね。

スピリチュアルな活動じゃなくてもOK

ライトワーカーという言葉自体がスピリチュアル用語なので、スピリチュアルな活動をすることがライトワークなのではないか?と思う人も多いようですが、そんなことはありません。

ただ、波動上昇をするにはどうしても「スピリチュアルな意識を人々が持つこと=物質主義ではなくなること」が必要条件ではあるので、スピリチュアルな活動をするライトワーカーも多くなるのは必然なのでしょうね。

スピリチュアルではなくても、その活動の元になるものが自分の欲のみにフォーカスしているのではなく「動物や地球を含む生命への貢献」なのであればそれはすべてライトワークになります。だからスピリチュアルな活動をしていてもそれが自分の欲を満たすためにフォーカスしている場合はライトワークとは言えないんですね。

何もしないことがライトワークな人もいる

 

いるだけでなぜかその場が明るくなる人っていますよね。そういう人はその人がありのままでハッピーでいること自体がライトワークなので具体的なことをしなくてもそれ自体が活動なのです。

具体的な活動をするライトワーカーも活動を通して自分が癒されていったり、ありのままに還っていくわけですから、何かをするにしてもそうでないにしても、向かう先は一緒です。

結局はありのままでいることがライトワークの真髄だと私は考えていて、その手段として活動をすることが魂の設定に含まれている人は活動をすることでありのままの自分の還っていくようになっています。

「自分には何かできるはず」という思いがありながらも「何もしなくてもいいだよね」と思っている場合はただ正当化しているだけの場合もありますから見つけることを諦めないでくださいね。

あなたが笑顔なことがいちばん

ライトワークというとなんだかミッション感が出すぎてつい楽しむことを忘れがちですが、ミッションミッション!って気合いいれすぎると見つからないことが多いです。ライトワークを見つける鍵は「ワクワク」です。

あなたがなぜか興味があること、なぜかやりがいを感じる、なぜか心地よい。それを全部ひっくるめてワクワクと呼んでいますが、仕事を見つけよう!ではなくワクワクを見つけて進んでいくと、その先にまた鍵が落ちていてそれをまた拾って…と連想ゲーム式に答えが出て来ますから、まずはひとまず、眉間のシワを緩めて、甘いものでも食べて楽しいこと考えてみましょ♪

愛をこめて♡
ななぽん*

↓読者登録すると、記事がアップされたときにお知らせがきますので便利です♡