彼に連絡したいとき

彼に連絡したいとき

こんにちは。

今日のテーマは

彼に連絡したいとき

です。

 

「彼に連絡したいとき」

 

別に連絡してもいいと思います!

 

とりあえず

どーーーしても連絡したくって

でもしないほうがいいのはわかってて

でもしたい!ってときには

 

スマホのメモ帳に彼に送りたいメールの

内容を、打ってみて、ちょっと時間あけて

冷静になったときに見てみると

 

「これ送らなくてよかった。」

 

と思うことがほとんどですよね😉

 

モーレツにメールしたいときは

だいたいせっぱ詰まってますから

あなたらしくない状態なので。

 

ただ、なぜ連絡したいのかを考えてみると

あなたの課題がでてきます。

・・・・・

 

「彼の声を聞くと安心するから」

→もしかして彼の声を聞けないと不安から抜けられないのかも?

 

「自分のことを忘れてほしくないから」

→彼に自分の存在を認めてもらうことで自分の価値を感じたいのかも?

 

などなど、連絡したい動機がでてきます。

 

そしてそれはだいたい

「依存心」からくるものが多いです。

 

依存心は、3次元で生きている人なら

ほとんどが持っている感覚だと思います。

 

なぜなら人は誰しもが赤ちゃんのときは

育ててくれる人に依存しないと生きられないから。

 

まずはじめに経験するのが「依存」。

 

その依存をしきれないまま大人になると

依存心が満たされないまま大人になり

 

それをほかの人間関係で補おうとする。

彼、友達、職場、カウンセラーなどなど。

 

自分をわかってくれる人を見つけては

依存したくなる。

 

 

依存していることにいいも悪いもないけれど

依存は自分も人も傷つけやすくなります。

 

依存することで、相手が思ったような反応を

見せてくれないと、自分が傷つき

 

そして傷ついたから、相手も傷つけたくなる。

 

 

もし真実の愛で生きたいならば

依存心は真逆の性質のものなので

ないほうがいい。

 

 

依存しあうことが心地いいのであれば

それはそれで。

 

ようは自分がどういう世界で生きたいのか?

あなたは選択することができます。

 

もしあなたが真実の愛で生きたいと

思っているのなら

 

依存心とはさようならするときです。

 

愛で満たされなかったと思っているのなら

自分を満たしてあげること。

 

それは自分が自分を縛っている制限をなくすこと

です。

 

 

自分を縛っている制限=思い込み

 

制限はいつでも自分が作っています。

 

幼少期や魂の経験から作られた見えない鎖を

とってあげられるのは、あなたしかいないのです。

 

あなたが気づき、動くことで

世界は変わります。

 

愛をこめて♡

+。。。++。。。++。。。++。。。++。。。+

    →メニュー・予約はこちら

+。。。++。。。++。。。++。。。++。。。+

にほんブログ村 恋愛ブログ 恋愛下手へ
にほんブログ村