なぜ、わたしだけがこんなにも辛い目に合うのだろう

なぜ、わたしだけがこんなにも辛い目に合うのだろう

ヒーリングセラピストななぽん*です。

「なぜわたしだけがこんなにも辛い目に合うのだろう」

わたしはずっとそう思っていました〜

 

同じように、自分だけがなんだか

不幸に感じて、スピリチュアルや心理学に

触れ始める人は多いのではないかと思います。

 

「なぜわたしだけがこんなにも辛い目に合うのだろう」

 

ここに、すべての答えがありました。

 

「なぜわたしだけがこんなにも辛い目に合うのだろう」

この考え方は被害者意識です。

 

被害者意識はすべての課題解決の

邪魔となります。

 

すべては自分が望んていること。

 

これが大前提でないと話が進まないので

「わたしは悪くない!」

と心底思っている人はページを閉じてくださいまし。

 

すべては自分が望んていること。

 

それって苦しいことも悲しいことも?

 

そうです!!

 

 

そんなことわたしは望んでないぞ!!

 

と思いますよねーーー

わたしも思っていました。

 

では、すべては自分が望んでいることだとして

でも全くそんなこと望んでない自分もいるとしたら…

 

それは自分の「魂」が望んでいることだからです。

 

魂の望んでいることはときに

自分で自覚できないこともあります。

 

それは「自我」や「エゴ」があるから。

 

わたしの場合は

「自我」のほうは

・ずっとだらだらしてたい。

・なにごとも「ふつう」を希望。

(ふつうって無いんですけどね。)

・安定や平凡で満足できるわたしでいたい

・ふつうの人と幸せになりたい

(だからふつうって無いんですけどね。汗)

 

 

「魂」のほうは

・いままで地球でつくったカルマを全部解消したい(らしい)

・そしてエゴをぜんぶ消滅させたニューバージョンのつるっつるぴかっぴかの魂になりたい(らしい)

・3次元意識の幻想から抜け出しアセンションしたい(らしい)

・そして真実の愛を体験する(らしい)

 

という、けっこうめんどくさい

テーマを持って生まれてきたようです。

 

ここで注目してほしいのは

「自我」と「魂」の願望に違いがあると

自我はそれを「苦しみ」と感じるということです。

 

そしてここめっちゃポイントなのですが

魂が望んでいるのは苦しみではなくて

苦しみ(や、悲しみとか敬遠しがちな感情)

を通して何を経験したいのか?

 

ということです。

 

いったいぜんたい、

わたしはこのできごとを通して

なにを体験したいのか?

 

苦しみ(と感じるできごと)を通して

カルマを解消したかったり

 

悲しみ(と感じるできごと)を通して

愛を知るという経験をしたかったり。

 

だから、魂もひっくるめて

自己責任なんです。

 

わたし、それを受け入れられなかったときは

ずっと魂と、宇宙とけんかしてました。

 

なんでこんなことさせるんだよお!

いったいどんな設定で生まれてきてんだよお!

 

こうやってけんかしているうちは

これまた苦しみから解放されなくて

無限ループです。

 

だから降参しちゃったほうがいいです。

 

もう、わたしは魂の望みを受け入れて

ちゃんとやるからあぁぁーーー

 

と、降参したときにはじめて

自分で自分を苦しめていたのだ。

と気づき

 

そしてこの世はなんて愛に溢れているんだろう。

と気づきました。

 

あなたは

被害者意識から解放され

魂の意識に目覚め

精神的自由に生きられる

 

 

わたしは一体、このできごとを通して

何を体験したいのだろう?

 

↑声に出して毎日唱えると、けっこう効果あります!

「何を体験したいのだろう?」ってほんとうに思えてきますので

おすすめです。

わたしは一体、このできごとを通して何を体験したいのだろう?と声にだして言ってみる

愛をこめて♡

+。。。++。。。++。。。++。。。++。。。+

    →メニュー・予約はこちら

+。。。++。。。++。。。++。。。++。。。+

にほんブログ村 恋愛ブログ 恋愛下手へ
にほんブログ村